【 栽培とはなにか?】

in ぼやき/事件簿・失敗談/山形/東北/生産の哲学/農家の仕事
この記事の書き手
農家 山形県東置賜郡

全国のフレンドの皆様、超おはようございます。
愛とパワーを与える百姓若旦那、中川吉右衛門です。

久しぶりに震えるほど怒りを感じています。
そして、溢れるほどに悲しみに満ちています。
そして、諦めの同情心が湧く自分がいます。

二日前の最高の秋晴れ。

28年産のナット豆(吉右衛門納豆になるやつですよ♫)を収穫している時のこと。

もちろん、この時期の晴れ間は大変貴重なので、周りの豆畑もヤンヤンと豆刈り作業を行っていました。

コンバインがどんどん刈り取る中、僕らはヤンヤンと手刈り!笑

豆収穫のコンバインの仕事ぶりを見ながら、

「やっぱ機械ってすげーなーー!!!」

と、感心しながらも、手刈りの美しさと愉しさを味わっている時。

一台のトラクターが目の前の農道を走って行きました。

「おお〜トラクターだ。秋起し(収穫後の田んぼをこの時期耕運する作業)でもするのかな。」

と、思っていたら・・・・・

うちの隣の隣の豆畑にそのまま突入していきました。

「ええ!?あれ?あそこもう収穫したんだ!いつの間に!?」

と、思ってよく見ると・・・・・

そのまま、草ごと豆ごと、トラクターで潰しているではないですか!!!

ァンダソリャ!?

僕は、その畑の大豆と草がトラクターで潰されていくさまをただただ眺めることしかできず、しばし呆然としてしまいました。
だったらなぜ・・・・・なんだってそこに豆を下ろしたんだよ・・・・・

人の畑のことですし、僕にはそれをどうこう言う権利も何もない。

しかし、拳は硬く握られ、下唇を噛み締め、心の奥から沸き上がるこの感情は、間違いなく「怒り」でした。

そしてそのあとの落胆。

そして悲しみ。

この畑は、毎年ですが、ものすごい草に覆われて、どうにもならないような豆畑になるんです。

毎回、この前を通るたびに、

「うわ〜〜・・・今年もこれやばいね・・・・」

という会話が必ずあります。

もちろん、今年も例年通り草だらけでした。

毎年・毎年よくもまぁこんなにも草が伸びるなと。

これも原因は「堆肥」を撒いているからですが、とにかく強烈な強い草がそれこそワンワンと生えるんです。

それでも、去年まではどうやって刈ったんだ?

と、思うけれど、収穫はしていたのです。

が!今年。

ついに、収穫を諦めたのか。
それとも、業務委託(刈り取り収穫の)している組合に断られたのか。

わかりませんが、現に今、僕の目の前で、トラクターで潰している。

農家として、気持ちはわかります。

ああ、もうこうなったら手がつけられない。
草もろとも潰すしかないな・・・

と言う気持ちはね。

でもね。

「お前がその状況を作り出したんじゃボケ!カス!ウンコたれ!!」

です。

毎年毎年!!!!!

なんでわからねーのか!
なんでそんなに草が生えるのか考えないのか!

なんで、豆をまいてそのまま放置なのか。

一度ぐらいは土寄せしていますが、それ以外はずっと放置です。

なんのために豆下ろしてるのよ。

なんのために時間かけて栽培してるのよ。

もう、他人事ながら情けないやら、腹ただしいやら。

怒りも、悲しみも、いたたまれなさも、苛立ちも、あらゆる感情が巡ってきて、もう僕は・・・・・

「ぁぁあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

と吠えました。

栽培ってのはね。

責任を取りに行く行為です。

種を。
生命を。

それを大地に下ろして新しい生命を生み、それが違う命までも生かしていく。

「生命系を護る」

という哲学があってこそ、栽培であり、農です。

今目の前で起きているこのトラクターの作業は、栽培のそれではない。

何農法でも構わない。
農薬使おうが除草剤使おうが。

でも、栽培であれば、そこに種を下ろしたならば!!

そこに責任がある。
だったらきちんと取りに行かなきゃ嘘ですよ。

豆も下されたその場で、真剣にその生命を燃やす。

それに百姓も真剣に答える関係性があって、初めて百姓なんですよ。

それを、このトラクター作業をしてる農家を見て、痛切に猛烈に超絶!!!!

僕は心に刻み込みました。

そして、その理屈だけではどうにもならない農家個人個人の都合や問題。
要するに農業の現実。

これも本当によくわかる。

だからこそ!!!

「俺が農を愉しくしてやる」

と、固く固く握った拳に誓った立冬の午後。

空はどこまでも澄んで高く蒼い。

農はもっともっと愉しく・美しく・豊かにできる。

可能性は無限大だ。

なぜなら、それがこの地球を繋いできたのだから。
皆様、栽培とは何があっても責任を取りに行く、自然と人との約束だ!!の素敵な1日を!

※画像のサングラスの上部分に例のトラクターが見えます

====================
★NEW★イベント情報

・1120「HENTAI」コメ農家だらけの新米祭!
https://www.facebook.com/events/278154479248507/

僕らが農を愉しくしてやる!
・農FUTURE!「THE 学」
http://www.kokuchpro.com/event/thegaku/

====================

▼中川吉右衛門新米販売▼
http://kichiemon14th.net/fan/?cat=6

14963191_1117621858357193_1915854323271407514_n

(2016.11.9)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 山形県東置賜郡