40年越しの復活。伝統野菜「相馬土垂」をここから始める

in 東北/福島/農家の仕事/農村漁村暮らし/野菜・くだもの・魚介図鑑
この記事の書き手
農家, 畜産農家 福島県相馬市

探しだすまで4年以上かかりました。

相馬市でこの名前を正式に公表するのは何年ぶりになるのかわかりません。

今から40年以上も前にこの地で栽培されていたという伝統野菜、相馬土垂(そうまどだれ)がついに復活します。

最後の栽培者として市の方で残した書類に名があった、南相馬市のおじいさんに畑まで来てもらい確認もしてもらいました。

「これが土垂だ。たいしたものだ。よく見つけだしたな。」

短い言葉一つ一つが嬉しかった。

相馬市のみんなが手離してしまった伝統。

先祖たちからの想い。

この地にかつてあったであろう里芋畑の光景を、もう一度やり直せる。

復活させたことがゴールなのではなくて、ここからが始まりです。

僕らはもう一度相馬市の伝統野菜を守り、必ず次の世代に繋げます。

14695605_1093817370726042_6327882573102403781_n  14671096_1093817477392698_5212029449253589663_n 14725553_1093817427392703_2295166903980580688_n  14720354_1093817577392688_6345645670911250995_n  14671138_1093817657392680_3756728571935880542_n  14705722_1093817617392684_5622526529010671370_n
14718739_1093817697392676_5020608403655851768_n

一年目はまだまだ種子を増やすのが目的としてほとんど販売までには至らない現状ですが、相馬市が誇る農産物として、必ず全国に届けられるものにします。

やがて相馬市の飲食店や旅館等で当たり前のように相馬土垂が食べれるようになり、相馬市のお土産品として他県から来た方々が相馬の伝統を買って帰れるようになる。

相馬土垂を栽培する農家も増えて皆で伝統とこの地を守るようになり、芋煮会はこの相馬土垂でこの地の皆がやるようになれば、すべてが繋がりうまくいくようになると思います。

今まで繋がらなかった消費者と生産者と飲食店や旅館などがもっと繋がる一つのきっかけになれる。

そんな可能性広がるこの里芋を息子と掘り起こしながら、まずはうちの家族で里芋のけんちん汁をいただきました。

14671302_1093817730726006_6780447948528016635_n

この味を相馬市の皆に、全国に、あと少しで届けられます。

どうぞ相馬市唯一の伝統野菜を、御期待し楽しみにお待ちくださるよう、宜しくお願い致します。

14720461_1093817517392694_8581169538807133046_n

(2016.10.21)

相馬の伝統野菜を復活させる日

相馬の農業を“ゼロ”に戻せた日。相馬に産まれたことを誇りに思えた日


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家, 畜産農家 福島県相馬市