僕は、生まれ故郷の漁業社会に蔓延した愚かな価値観を変える。

in 「論」をよむ/ぼやき/地域/東北/漁師の仕事/農家漁師あるある/青森
この記事の書き手
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町

閉鎖的な我が故郷

これが現実

そして、また一つ教えてもらった…
他人の成功は、面白くない…
今の状態をぶち壊す奴は、許せない。

私が生まれたところ、そして私が今生活してる漁業の現場は、そんな空気が蔓延している。

14962514_1874847422749232_983438652309135257_n

新しいものを持ち込むと、漁協職員含め、思いっきり嫌悪感をさらけ出す。
そして、新しいものを持ち込んだ人間に対して、一丸となって足を引っ張りに来る…
ありとあらゆる事にケチをつけ、その人間が漁業をできないように漁業理事を含め強制的に排除しようとする。
共同漁業権内の許可を全て(ホタテ、籠網、刺し網、底建網)
はく奪しようともしてきた…
(漁協の一存で、そんなことできるわけないですが)

僕は、今年そうされて、ここまで過ごした…

そして、今も
「どこまでも、たたむ。」
と、意気上がる周りの人間達…
そんなことばかり考えてて、自分の漁業生活の進歩はできるのか?
と純粋に僕は、思いますが…

だからこそ、いつまで経っても進歩もできず、今まで通りの同じことを繰り返して、社会からはどんどん遅れていく。

例え、僕が周りに潰されたからといっても、彼らの収入は、変わらない。
目の上のたんこぶが取れただけだ…
そして、社会から置いてけぼりだ…

こんな状況になるたびに、毎回教わる。
こんな大人になりたくない。こんな大人が子供に何が教育できる。愚かな人生だ。
僕は、こんな恥ずかしい生き方したくない。

もっともっと進歩して、
「出すぎる杭は打たれない」
ってところまで行け!ってことなんだ。

まだまだ俺は、愚かなことをする大人達と同じレベルなんだ。
こんな大人達が、大勢してる地域だから
伸びないんだ…
僕より歳が上でも、こんなに考え方が幼稚なんだ…

ツライときは、教わることが多い。
だからこそ、髙森優って名前を愚かな人間の代名詞にならないように、プライドを持って日々努力精進しなきゃ。
髙森優は、もっともっと伸びなきゃいけないんだ!

僕は、愚かな生き方をしない。

僕は、正々堂々生きる。生き方を村社会に訴える。

そして何かを感じて、幼稚な大人達が変わればいい…
僕は、生まれ故郷の漁業社会に蔓延した愚かな価値観を変える。

(2016.11.6)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町