品質の向上にむけて

in 北海道/日々の仕事/農家の仕事
この記事の書き手
農家 北海道上川郡東川町

お米の等級検査を完了しました。
今年は作況調査よりも収量が少ない傾向で、品質は高温障害のシラタが多く落等の方も居たそうです。そしてタンパクも高めだとか…

うちは有機jasも、特別栽培(除草剤のみの使用)も全量1等米で、シラタも見られず(水管理って大事ですね…) 綺麗な米だとのこと。
しかし収穫量が残念な結果でした。

品質が悪い時は天候のせいにしがちですが、言い訳には使いたくないですよね。どんな時でも次の一手を打てるようにしとかなきゃいけないんですが。
今年、試しに次の一手を打っていた水田は、ちゃんと収量がありました。その判断が出来るよう観察眼を磨かないと。

 

※シラタ(死米)とは・・・粒の大部分が粉状質の粒で光沢のないもののうち白色のもの

(出典:農林水産省HP http://www.maff.go.jp/j/seisan/syoryu/kensa/kome/k_kikaku/k_kaisetsu/index.html

(2016,10,15)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 北海道上川郡東川町