やるしかない。人参も枝豆も落花生も…!!

in 中部/生長記録/石川/農家の仕事
この記事の書き手
農家 石川県羽咋市

8月中旬に種まきした人参が大きくなってきました。

o0480096013759878265

葉の部分が20㎝ほどになり、根っこ部分を太らせる為に間引き作業が必要になってきました。

人参畑の全体像は

o0960048013759878491
こんな具合で、畑に行くたび、嬉しくなる良い感じです♪イノシシが畑のすぐ傍まで来ているのが心配ですが、このまま収穫まで持っていきます。

そして枝豆。

o0447089313759878759

今年は初めて晩生(おくて)の品種を栽培していて、莢が太り始め、収穫が始まりました。

野菜には一般的にそれぞれ収穫できる時期の早さから、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)の3つの品種があります。

羽咋で就農してから、経験上ここの土地では早生品種の栽培は難しいです。要因はおそらく春先の気温が低いため。

一方、晩生の品種だと競合する農家さんも少なく、キュウリやナスなどでも成果が出ているので、今年は枝豆に挑戦しました。

結果は、かなり良い感じです♪ただ、10月から収穫が始まると思っていたのに、予定よりも早く収穫時期が来ることが分かりました。

問題は人参の間引き作業との兼ね合い。

間引きが遅れると人参が太らず、収穫量に影響が出ます。

枝豆を放置しておくと黄色に変色して大豆になってしまい、売上がかなり下がります。

かと言って、両方の作業を中途半端に行っていると、10月中旬から収穫が始まる落花生にも影響が。。。

今年も残り3か月余り、やるしかないですね☆

(2016.9.28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 石川県羽咋市