ひかりの階段 with ハロウィンかぼちゃ

in イベントレポート/なかま・訪問客/中部/富山/祭・行事
この記事の書き手
農家 富山県南砺市

いつもの慶大牛島ゼミのみなさんと一緒に「どーんと利賀の山祭り」の裏でかぼちゃキャンドルを大量に生産し、ひかりの階段を作りました。

【キャンドル設置の模様】

ひたすら階段に並べていきます。腰にくるしんどい作業です。

picture_pc_e5ac283caca3941c897362a81c80f254

picture_pc_25c2eac80ee1c50e04529b6769ae7652

そして、ただ写真を撮るだけの女子。よく見ると何故か半笑いです。
picture_pc_3a30d1ef5f3f258b853796a4e6839803

その後、私が全部やりました的な決めポーズ。重労働をこなした2人を差し置いてどうしてこんな表情ができるのか、彼女の業の深さは如何ばかりか、混迷を極めるばかり…。

picture_pc_b90ecdd57dc8c22b0538e43740951801

ちなみに大手企業に内定が決まっているようですが、なんだか器用に出世しそうです。

【ランタンづくりの模様】

大きいかぼちゃでランタンも作りました。ちょっとずらせば傷の無い面があるのに、あえてそれを利用した作品です。おどろおどろしさが伺えます。

picture_pc_3844b1918a41a412c99d8ba8502b9aa6

ところが、暗くなると夜蝶のように光り輝き、見る者の心をかき乱します。さながら魔性の女といったところでしょうか。

picture_pc_dfa6d1dd3f8152673dc8c391e723ba3d

picture_pc_7ab13de5800f96b2093d588bbf030a73

普段は、半被がこんなにも似合うような可憐な女子なのに…。内面に何が潜んでいるのか、分からないものですね。あっ、皆さん!右下に映り込んでいる「利賀村のギフト」。どうぞお見知りおきを。

【こんな感じに仕上がりました】

皮が白いせいか、灯りを透き通らせています。

picture_pc_098eb30f322816232aff8c64e391b125

picture_pc_03d396b46d47e4e58a8e821372adafab

再登場。こいつのおかげで「となりのトトロ」のような世界観が、ひかりの階段に帯びました。幻想的な雰囲気、最高でした。

picture_pc_02240fc4c2b48de87684b1d1e2196d0b

僕の頭の中ではずっと、久石譲さんの「風の通り道」が流れていましたね。お好きな音楽を聴きながら写真をご覧いただくと臨場感が出ると思います。

picture_pc_8f7b32566666bea589ad4af6d944caa9

picture_pc_3f6e0eb573eb02102ef0bb68968f173a

ゴール地点。二つのランタンがお出迎えです。

【もう1か所 ~瞑想の郷~】

瞑想の郷とは、利賀村上畠にある施設です。曼荼羅や仏教絵が展示されています。毎月、満月の夜にヨガができたりします。そこにある曼荼羅を模した庭園にもかぼちゃを置いてきました。

picture_pc_539bd60b3696dfa698ab6e065ac17984

picture_pc_0f08ce7f5ff96f16c0456693f5680943

picture_pc_fc686f9697828f35139d4b4fadd3ee75

「君は、だれ?」

picture_pc_15ceade5588586509722db3067351702

「ト、ト、ロ?」

【エピローグ】

最後は、ハロウィンかぼちゃと通じ合う青年でお別れです。ここまで読んで下さり、誠にありがとうございました。

picture_pc_e511ecdca31a0e4dbccf0cf2227c4b7b

【お問い合わせ先】
Mail:Halloween.deco1031@gmail.com 担当:吉田

(2016.10.18)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 富山県南砺市