自分の役目に気づくとハイスピードで人生が動き出すんじゃない?という話。

in 「論」をよむ/愛知
この記事の書き手
農家 愛知県碧南市

農業に関わる人、

それは農業者はもちろん、JAや市場関係者、

他にも広く考えて農機具メーカー、システムメーカー、流通、飲食、出版、などなど多くの人がいます。

それらの人達はみんな農業への関わり方やアプローチの方法が違っても、

農業を良くしたい。

という想いは共通しているのではないかと思います。

o0480028913767492685

農業を良くしたい、というのが、

自分の売り上げを良くしたい、

なのか、

規格外の農産物を料理に使い無駄を無くすことで良くしたい、

なのか、

新しく農家に役立つモノを作って良くしたい、

なのかはもう全員人それぞれ。

さらには、誰のために、という部分でも、

自分のために、

家族のために、

地域のために、

日本のために、

世界のために、

宇宙のために、

従業員のために、

組合員のために、

お客様のために、

人それぞれ。

役割、という部分でも、

作る人、

造る人、

創る人。

人それぞれ。

農産物を作る人、

料理を作る人、

効率良い収出荷場を造る人、

直売用受発注システムを作る人、

手間が半分になる農機具を作る人、

人それぞれ。

自分がどこの立ち位置にいて、

どこを良くする事が出来て、

誰のためになれるか、

なにをつくり出せるか、

つまりどんな役割を担うべきか、担えるかを考えると、

漠然とした「農業を良くしたい」から一歩踏み出した行動ができるようになり、

世間にもそういう役割の人間なんだと認知された時に活動の場が与えられるような気がします。

o0480036013767492689

そして、今の世の中ではSNSのおかげで自分の役割を世の中に簡単に、広く発信することができるようになりました。

役割に気づいた人が、クラウドファンディングを利用して、昔より広く、システマチックに世の中の賛同と応援を求める事ができるようになりました。

私が今農業界に身を置く人間なので農業をテーマに書いていますが、

これは何も農業に限った話じゃないですよ。

これ重要です。

たまに、農業っていいよね、注目浴びやすくて。という妬みにも似た意見を言ってくる人もいますが、あなたが毎日見ているテレビの中では農業以外の事の方が圧倒的に多く流れていますよ。

o0480036013767492694

話を戻して、

私の現時点での農業界での役割は

「役者」

で間違いないと思っています。

なんとなくわかります?

だから、怖いもの無しでいられるんです。

役割はステージや出会う人、時代の流れの中で変わるものです。

同じままでいるのが役割の人もいますけどね。

自分自身を客観的に、ニュートラルな気持ちで眺めて、今その時々の役割をきちんと果たしていくこと、それはとても大事だと思います。

(2016.10.8)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 愛知県碧南市