【動画】500リットルの水

in うんちく・こだわり/ぼやき/動画/大分/編集長ピックアップ/農家の仕事
この記事の書き手
農家 大分県由布市

畝間灌水(うねまかんすい)

これまで散水チューブによる水やりばかりでしたが、果菜類の場合は豪快な方法です。
畑地帯だと、畑灌といって農業用の水道があったり水路から直接汲み上げたりするのですが、うちは山です。いつか畑を手に入れたらボーリングして自分の水を確保したいです。

ところで、1mmの雨について。いつか書いたことあるかな。
天気予報などで◯◯mmの雨って聞きますが、雨の激しさはイメージつくけど、どれだけの量なのかなんて計算したことないですよね。

1mm降ると1㎡に1リットルの雨が降ります。
1反(100m×10m)で1トン、1ヘクタール(100m×100m)で10トン、うちが植えてる部分で5反くらいなので5トンの水が供給されます。
だけど1mm降ってもほとんど畑にとっては意味ない量です。すぐ乾きます。10mm降ればやっと土の深い所まで染みこんでくれます。
軽トラで運ぶ500リットルの水、とても貴重だけどそれがどれほど有効なのかって考えると徒労感しか残りません。農業にとっての水の大切さがわかると思います。

(2015.8.3)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 大分県由布市