台風が去り、わかったことがある。

in ぼやき/東北/生産の哲学/自然の猛威/青森
この記事の書き手
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町

台風が去り…

夜の暴風が、ウソのような今日の蟹田。

14089063_1840406646193310_7404802993815963172_n

夜明けともに、沖に出て施設の確認して、先ずは、今後も今まで通り飯食っていけそうなのでひと安心

浜にゴミと砂が寄ったとか、小さいレベルで違う仕事増えたくらいで、運が良かったとしか、言い様ない…

14089252_1840406666193308_7249883009141144072_n

陸奥湾でも東側のほうは、ホタテ養殖施設に被害出たみたいだし、FB友達でも宮城のほうは、浜によって壊滅的被害みたいで…

でも、あの震災乗り越えた人達強いなって純粋に思いました。
また、淡々とやり直すだもんなあ…

14192700_1840406679526640_3660965017143052560_n

僕なんて、なんもなきゃいいなあと、ビクビクしながら夜明けを迎えたのに…

この台風で、あらためて自然に生かされてるなあって思ったし、一次産業って社会の先駆者なんだって、わかった。

社会のあり方が、いろいろ見えてくる…

14102151_1840406692859972_2672020717797125201_n

一次産業の人が、社会を引っ張っていくと、画期的に変われそうな気がする。

高橋博之って男スゲーな!

(2016.8.31)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
漁師 青森県東津軽郡外ヶ浜町