無施肥である理由の、見落とされる実情

in ピックアップ/日々の仕事/畜産農家の仕事/神奈川/農家の仕事/関東
この記事の書き手
農家 神奈川県小田原市

大豆畑の1つ。

約3年、休耕地。
今年から管理を請け負う。

薬剤を使わないことはもちろん、
トラックを横付けできない畑で、堆肥を運ぶのが面倒臭いから、無施肥。

ポリシーで堆肥や薬剤を使わないこともあるし、物理的・効率的なことを理由に使わないこともある。

金銭的な理由で使わないこともある(笑)

安全や健康、環境等を理由とした側面が強調されるから、見落とされる実情(^-^)

養鶏も一緒♪♪

14141545_671657689665106_8002616498123643526_n

 

14102537_671988882965320_7130664597121582984_n 14117690_671988979631977_5195464113634491264_n

上2つは、畑への入口シリーズ(笑)
他には民家の庭を通る必要があったり…

(2016.8.28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 神奈川県小田原市