“たねまきうさぎの天のつぶ“”に葉面散布!

in うんちく・こだわり/日々の仕事/東北/生長記録/知恵袋・ワザ自慢/福島/農家の仕事
この記事の書き手
農家 福島県福島市

いよいよ天のつぶの穂が出てきました。

このタイミングで種まきうさぎの天のつぶ(

の栽培に欠かせない液肥の葉面散布をします。

 

image

image

福島市で取れる桃のエキス、リンゴのエキス

海藻ポリフェノールエキス、糖蜜

ここでしかできない天のつぶの栽培です。

image

絶対に美味しくかつ大きな粒になりそうなのだが、味はできてからのお楽しみです。

(2016.8.16)

編集部注:「たねまきうさぎの天のつぶ」は、福島うまれのお米品種「天のつぶ」のうち、カトウファームが「農薬5割減。出穂するころにフルーツ液肥、ポリフェノールを含んだ海藻エキスを散布」の条件でつくっているお米のこと。カトウファームのある福島市の吾妻山では、雪解けの春先(種を蒔く頃)に土地の凸凹の関係でウサギのように雪が残るため、その雪を「雪ウサギ」「種まきウサギ」と呼ぶそうです。(参考:カトウファームウェブサイト


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 福島県福島市