インカのめざめに収穫を催促される…

in 千葉/生長記録/農家の仕事/関東
この記事の書き手
農家 千葉県佐倉市

13450981_710307955774149_551938465579298315_n12日、多磨でお袋の17回忌。兄弟妹家族21名出席。甥っ子に次女誕生。まだ増えるかも。終了後目黒に寄り、「メディチ家の至宝」を観賞。畑や田んぼは新緑から深緑へ。緑が深くなると暑さを感じます。今年は高温予想、雨がどれくらい降ってくれるか。いきいき畑の周囲に例年より遅くなったがネットフェンスを設ける。菜園では早くも夏野菜を収穫。やはり全体的に気温が高めなのだろう、雨が降ると急速に成長する。ズッキーニ、トマト、インゲン等。一方で7月9日に収穫予定のインカのめざめが枯れてきて収穫を催促されている。種芋は遅く植えたのにこればっかりはどうにもならない。平年の気温なら7月収穫でうまくいったのではないか、と思いたい。

13501918_710308095774135_7930579311874925887_n

18日中学15回生の同期会。122名集まる。「古希」は人間50年の時代のこと。80年となった現在「死語」に等しい。鬼籍に入る人も増えているがまだまだ元気で活躍中。会場に入る前に通学した明治4年創立の小学校に寄る。校歌にも歌われた大イチョウが今も健在。それにしても浦和駅前周辺は本当に様変わり。昔、ここには何があったっけ、と思いながら散策。ここまで変わると懐かしさが湧かない。と言ってる間にこちらが取り残されていることに・・・

(2016.6.19)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 千葉県佐倉市