藁細工の「藁の袋をつくる」若干名募集中です

in イベント/イベント告知/スローライフ/ファッション/山形/東北/農村漁村暮らし
この記事の書き手
農家 山形県真室川町

今週開催の7月24日(日)に開催する「工房ストロー」による藁細工ワークショップ「藁の袋をつくる」を若干名募集しております!縄でつくる「縄ない」で構成された藁の袋。こちらは、にんにく等の野菜の収納袋として。または、350mlペットボトルの飲み物入れとしても活用できます。今回は、講師の高橋さんが栽培している無農薬「伝承野菜 最上赤にんにく」を1個お付けいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

102867407.jpg
photo by Kohei Shikama

縄でつくる「縄ない」で構成された藁の袋。一見すると、縄を綯った後に組み上げたように見えますが、実際には、網目ひとつ分だけずつ縄を綯い、一段下の芯となる縄に巻き付けていく作業を繰り返しながら編み上げていく作業になります。

※写真は720~750ml瓶用ですので、実際で作るのは、こちらの半分程度のサイズとなります。また近々試作品の写真もアップいたします。

【「工房ストロー」による藁細工ワークショップvol.3(藁の袋)】
◎日時:7月24日(日)12:30〜16:30(12:15〜受付開始)
◎場所:森の家(山形県最上郡真室川町大沢2052-1)
◎定員:8名
◎講師:高橋伸一(工房ストロー
◎参加費:¥2,500(伝承野菜 最上赤にんにく1個付き)+1drink ¥500
◎持ち物:はさみ・エプロン等汚れても良い服装
◎その他:細かい藁が衣服に付着する場合がございます。エプロン等汚れても良い格好でいらしてください。また、足で藁を挟んだりする作業がございますので、ズボンなど無理のない格好でお願いいたします。
◎お申込み:お問い合わせかFacebookのメッセンジャーまで、お名前・連絡先・人数・参加内容をご記入の上ご連絡ください。


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 山形県真室川町