果樹農家必見!?今日からできるビーティング法!

in うんちく・こだわり/中部/日々の仕事/知恵袋・ワザ自慢/農家の仕事/長野
この記事の書き手
農家 長野県長野市

どうも、早くも夏バテ気味です、峯村です
りんご、ここまで大きく育ちました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、もう7月です。。。
ハダニの発生シーズンでございます(もちろん他の虫も・・・)。

さて、そこで本日は・・・
「今日からできる!ビーティング法でハダニ観察!」です。
さて、一緒にマスターしていきましょう!

用意するものは・・・黒い下敷きのみです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてドヤ顔です。
視力に自信のない方はルーペなども用意するとグッドです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

信州・マルサ果樹園の準レギュラー、宮下君にカメラマンを依頼。いいドヤ顔です。

 

①樹を観察しよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは畑の樹を観察しましょう。
葉色に異常はないか、樹勢が衰えていないか、などなどチェックしましょう。

 

②下敷きをセットし枝葉を叩く!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

強すぎず、弱すぎずの力で叩きます。肩ポンポンくらいの力でしょうか。
僕は「1本の樹につき5か所、1か所につき5叩き」とルールを決めてやっております。
毎回バラバラの方法で行うと、発生消長が把握しにくいため統一することをお勧めします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5か所、5叩き、真心こめてやりましょう。

 

③下敷きに落ちたハダニを数える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハダニ以外にも色んな虫などが落ちていて、最初は見極めが難しいかと思いますが
慣れればすぐに見分けがつきます。
ちなみに・・・

c0365873_00474371

 

ざっくり・・・ざっくりこんな感じです。
ペイントで書きました。マウスで書きました。許してください。
ハダニの代表、ナミハダニの雌成虫は丸々したボディ、背中に点が2つ。
動きは比較的ゆっくりです。
ハダニを食べてくれるいい奴、カブリダニはしずくの形のボディ、素早い動きです。
さて、今日は・・・いました・・・!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほらほら・・・!
拡大します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雌成虫で約0.6ミリと非常に小さいですが、特徴的なのですぐにわかりますよ!

まだ7月上旬ということで、発生は僅かな上、天敵であるカブリダニの発生も見られるため
防除暦には殺ダニ剤が入っていますが、この畑では当面散布する必要はなさそうです。

と、防除暦に頼らず防除要否の判断を自分でできるのです。

ビーティング法をマスターして今年の夏は思いっきり楽しみましょう!
ビーティングデートなんかおすすめします。。。盛り上がること間違いなし・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

では、また!
(2016.07.08)

保存

保存

保存


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 長野県長野市