一石二、三・・・四鳥も不可能じゃない!

in 九州/日々の仕事/熊本/農家の仕事
この記事の書き手
農家 熊本県阿蘇郡南阿蘇村

東北出張番外編。でももしかしてこれが私の主たるミッションだったのかも。

早朝から、予定には全く入っていなかった、鳴子温泉のエネカフェへ。お金ではなく生ごみを持参するとお茶をいただけるらしいのですが、残念ながら帰りの飛行機に間に合わないので、オープン前の見学のみでしたが、堪能してきました。

温泉熱によって生ごみを発酵させると、バイオガス(メタンガス)と液体肥料ができるシステム。このサイズで1日12kg程度の生ゴミを処理できるそうで、一般家庭1軒からは出てこないかもしれませんが、農家にとっては、軽々クリアできる量です。摘果したり傷んでしまった果物や野菜でガスを得て調理ができたら何て素敵!同時に液体肥料まで手に入るのだから、一石二鳥どころか三鳥、四鳥です。この規模だと当然、電気まではできないのですが、身近なものでエネルギーを得る、ということを実感するには最高です。生ゴミが原料だけど、投入口を開けるとき以外は臭いなし。家のそばにあっても大丈夫なレベルです。

すぐ隣にある温泉たまご工房や野菜などの乾燥施設も、ホームセンターで揃うものでできそうで親しみやすいことこの上なし。大いに刺激を受けました。

女性農家が中心メンバーの「NPO法人田舎のヒロインズ」で各地にこんなの作りたいと思うのですが、役員さん、会員の皆さん、いかがでしょう?都会の皆さんは、バイオガスで沸かしたお湯で、温泉熱で乾燥したハーブティーでも飲みに来て下さいね。まずは鳴子温泉へ!運転手をかって出てくれた(断る余地のなかった)コーキ、ありがとう*\(^o^)/* みゆきちゃん、ナイスアイディアでした。

(2016,6,26)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 熊本県阿蘇郡南阿蘇村