田んぼの様子はどうなっているかな?

in ピックアップ/北海道/日々の仕事/農家の仕事
この記事の書き手
農家 北海道上川郡東川町

さたけ農園です。

最近の有機の田んぼはどう?というと、
草を抑えるため米ぬかを撒き終え、例年ならヒエを抑えるための深水にしていくのですが、今年は天候が読めない&苗の出来が悪かった(^^; ので深水にしたら稲が負けるかも?
ということで稲を育てることを第一に程々の水深&米ぬか&草が多い所だけ除草機利用でやっています。

先週、一回目の除草機を入れ、
昨日6/20は二回目の予定でしたが、
振興局、普及センターの主催する「かみかわ有機農業ネットワーク」の現地研修会の会場となり、圃場見学と除草機メーカーのデモが行われました。
B社の6条歩行型、M社の駆動式4条乗用、
ついでにうちにあるのがQ社8条(展示のみ)

条数が合ってないけど試しなので気にしない^^;

(続きは後ほど。。。

「bizenの除草機 軽量、除草部に動力要らず、水田除草機の中では低価格がウリ。 これは歩行6条形。田植機に付く8条タイプもあり」
「この株間ローターが秀逸。 草が絡まっても持ち上げたらスッと抜ける。 後ろのローターも草の埋め込み良好。加圧スプリング弱めだけどこれがミソかも。」
「関係者入れて50名。。」
「ちょっと無理があるブロキャス」

walking
歩き疲れたら機械が引っ張ってくれます^^;

除草機で残ってしまった掛け合わせ部分の草を、これで引っ掻いて埋め込んでいます。株間は出来ない不器用なヤツですが、藻がある場合や大きい草にも効果的。

除草機を入れた後って、酸素補給の効果なのか稲の姿がガラッと変わるんですよ。

北海道東川町 さたけ農園さんの写真
北海道東川町 さたけ農園さんの写真
(2016,6,22)

➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 北海道上川郡東川町