お米は生鮮食品ですよ〜!

in よめの視点/中部/保存/富山/知恵袋・ワザ自慢/食べる
この記事の書き手
農家 富山県黒部市

昨日のお昼ごはんにドライカレーを作ったんですね。
で、
それが結構あまったので、
夜ごはんにもおかずの一品にしようとレンジでチンしたんですね。

そのドライカレーが!
今朝レンジの中から発見されましたっ!!!

あぁぁ、
私よくやるんですが、
レンジにかけてそのまま忘れちゃうんです・・・(涙)。

ついでに、
洋服はよく裏表が逆になってます♪
もうこの性格は、
一生なおらないと思います♪♪♪

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

そんな、
どうでもいい話はおいときまして、
今日は、
お米が生鮮食品だっていう事を熱く語りたいと思います!

いえ、
正確にはもしかしたら違うのかもしれませんが、
でも、
お米だって常温どころか高温多湿の熱帯雨林気候(じゃなかったでしたっけ?)の日本で、
しかも熱がこもりやすいキッチンなんかで保管していたら、
腐りはしなくても、
かなりヤバい状態になる事をお伝えしたいなと。

濱田ファームの古くからのお客様にはもう、
耳にタコ状態だと思いますが(笑)、
お米は玄米・精米に関係なく、
涼しく風通しの良い所で保管してください★

特に蒸し暑い日が続くこれからの季節は、
お米にとって過酷な状況になります。

可能であれば、
密封しできる袋や入れ物(ジップロックの袋やコンテナ等)に移しかえて、
冷蔵庫の野菜室で保管されると防虫対策にもなります。

完全にとはいきませんが、
鷹の爪も有効です!

今年も濱田ファームでは、
写真のような鷹の爪入りの袋をプレゼント中。
是非お使いくださいませ~。

※なくなり次第終了予定

なお、
季節に関わらず、
精米したお米は酸化が進むので、
1か月程度を目安にお早めにお召し上がりください。

以上、
生産者から、
お米をできるだけ最後まで美味しく食べていただけるよう、
お願いでした(^^)

(2016.6.16)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 富山県黒部市