新潟のお百姓さんが教える、良心的な米販売店の選び方

in 新潟/目利き/販売情報/買える店食べる店
この記事の書き手
農家 新潟県魚沼市

4月に実家の神奈川県綾瀬市で周ったお米の営業。
別の地にある本部まで行かなければならないのがほとんどで、滞ったまま。

その中で一件、スーパーでないお米屋さんがあった。地酒を含め美味しそうなお酒も売っている。
内容の分からないとんでもなく安い米はない。
農家直送の玄米を置いてある。農家とお客さんへの誠実さを感じられるお店だ。

yabe

yabekome
(←売り場の感じ。いつもはフタしてあります)

 

自分が近くに住んでいたら間違いなくここで買う。

乱立する安売りスーパーの間でこういう顔の見える小規模な店を維持し続けるのは大変なことではないのかと思う。

お店の人にこちらの説明をしてお米のサンプルや手紙などを渡す。
いきなりなのにも関わらず親切に対応してくれる。
でも取り引きの期待をもたせるような調子のいいことは言わない。そこがまた信頼できる感じ。
既に魚沼産のコシヒカリもあるし、スぺースも限られているから正直難しいだろう。

商談を抜きにして、こんなお店が存在してくれたことが嬉しくなった。それだけでも出身地を周った甲斐があった。そのことと「頑張ってくださいねー」と手紙を書こうと思っていた。田植えが終わったら。

そして最後の1枚を植えた日、終了日を知っていたかのように、なんとその矢部酒米店さんからメールが!
入荷を検討したいので見積もりを、という丁寧な文章。私、顔、ほころびました。

気持ちのいいやり取りを経て、今度の新米から置いてもらえることになりました。
お互い、そしてお客さんにとっても良い長い付き合いになれるようおいしいお米を作らなくちゃ。
今度行ったら、お店の人の写真撮らせてもらおっと(^・^)
(有)矢部商店   綾瀬市小園1312
HP http://yabesakaya.com/
facebook https://www.facebook.com/yabesakaya

(2016.5.30)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 新潟県魚沼市