半農半Xの生き方

in ピックアップ/中国/地域/島根/日々の仕事/農家の仕事
この記事の書き手
島根県津和野町

【おしらせ】
4月1日より、津和野町の集落支援員になりました。
え?農家じゃなくなったの?
って、言われそうですが、農業もしてます。
集落支援員として農産物の加工に携わります。

この仕事をやろうと思ったのには訳があり、とても熱い思いがあります。
その理由のひとつは、おばあちゃん。
私はおばあちゃんから農家としての技術や経験だけではなく、暮らしの知恵、料理のレシピ、女性としての嗜み、いろいろなことを日々教わり、気付きを得ています。
それは私のおばあちゃんだけではなく、普段仲良くしているおばあちゃん世代の女性たちみなさんも同じです。
若い世代は知らない、母親からは教われないような素晴らしい知恵をたくさん持っておられます。
そんな方々がだんだん出来ないことが増え、いずれそれが受け継がれないまま消えてしまうのではないか。
そうなればそれはとても悲しいし、もったいないことだと思います。

一緒に仕事しているから分かる、歳を召して出来ないことが増える悔しさ。
今まで苦労して、頑張って、衰えてしまったところもあるけれどまだまだ現役、の大先輩たちが少しでも報われるように。そして、私たちの世代が継いでいけるように行動したいと思いました。
ずっと、誰かやってくれたらいいなーと思っていましたが、地元に生まれ育ち、農業をしている私は農家の皆さんの気持ちに寄り添えるのではないかと思いました。

農家の思いをかたちにしたり、おばあちゃんたちのレシピを商品にしたり、聞き書きをしたり、もちろん若い人のアイデアを取り入れたり、お菓子作り好きのママたちの楽しみを作ったりなど『集落支援員らしく』地域をわくわくさせられるように活動していきたいと思います。

今年の私は農業と集落支援員で半農半X。
毎年いろいろなわたし。
でも知っていること、出来ることが増えていくのはとても楽しい。
無理なく楽しくやりたいと思います。

(2016.4.20)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
島根県津和野町