美味しいお米ができるまで ~種まき~

in ピックアップ/千葉/日々の仕事/春夏秋冬/農家の仕事/関東
この記事の書き手
農家 千葉県山武郡九十九里町

お米ができるまでには、大きく3つの作業イベントがあります。

種まき 4月
田植え 5月
稲刈り 9月

4月2日(土)に、種まきをしました。
種まきは、機械で流れ作業です。

1

この袋に入っているのが種になるお米です。
事前に発芽しやすいように、お湯につけてあります。

2

3

これが苗を育てるための苗箱です。
この苗箱を機械に流していき、

土を入れる→水をかける→種をまく→土をかける

この順番で、苗箱が機械をながれていく感じです。
苗箱は、1000枚ほど使います。

4

これが土です、1つ25kgの重さがあり
私は、この土を機械にひたすら補充する係です。。

種まきが終わると全身筋肉痛です笑
5
6

これが種まきをする機械です。
この機械に苗箱を流していきます。

子供は、砂遊びに夢中です笑
7

 

8
土が落ちてくる

9
水がかかり

10
種が落ちてくる

11
土がかかり
12

これで1つ完成です!
この苗箱をハウスの中にならべていきます。

ひたすらこの作業を6時間ほど繰り返し、
1000枚ほど並べます。
13

14
最後に、
シートをかけて種まきは完了です。
天気が良ければ、10日ほどで発芽します。

15
この木は、ブドウの木で
夏にはブドウがたくさん実ります。
毎年、食べきれないのです。。
千葉までブドウ狩りに来てもらえると
助かります♪

16
4月9日
シートをめくったら発芽していました!!
可愛い笑

このままハウスの中で苗を育てて、
5月のちょうどGWあたりに田植えとなります。

なんとなく、
土を触っていると癒されます♪

(2016.4.10)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 千葉県山武郡九十九里町