土があればある程度なんでも作れる。

in 「論」をよむ/スローライフ/ぼやき/よめの日常/よめの視点/九州/名言・語録/大分/日々の仕事/農家の仕事/農村漁村暮らし
この記事の書き手
農家 大分県由布市

 コンポスト。作ってみました。ベニシアさん流です。かあちゃん、初のDIY作品です。臭わないらしいですが、やってみないとわからない!!というわけで、とりあえずやってみます。それでも匂いが心配なので、これから「えひめAI」仕込みます。かあちゃんは大物の工作系は苦手なのですが、なんとか作ってみました。

 

 かあちゃんのキッチンガーデンです。小さいですが、ここに色々趣味のハーブをと思っているのですが、おさまらない感じなのでまた開墾予定です。右のところには今日藍の種をおろしました。せっかく他の苗も温床中なので、育苗箱にも1箱。本格的な藍染めは、長い時間かけて発酵させたりするようです。今年は生の藍で染められたらいいなぁと思っています。その前に、ちゃんとお世話できるか・・・。

かあちゃんのハーブ畑はいつも手が回らず草に埋もれることが多いので、頑張ってみます。育苗箱の苗もうまくできたら、この畑にはおさまらないので、畑の隅に一緒に植えたいと思います。

藍の種は「藍ギャザリング∞藍の手の環を繋」をされているYoshiさんからいただきました。

 今年は年明けそうそう引っ越しから始まり、うわぁー春が来るってあせりながらもう春分です。引っ越して、家の横に育苗ハウスができて、この立地。わかりますか?お勝手口からちょろっと歩いたらハウス。この距離最高なんです。
研修が終わって農地を探している時に、「住んでいるところから畑が近くて、家の近くに育苗ハウスがあったらいいけど、そんな条件は無理だよねー」とか2人で話していたのですが、まさかの好条件!!ここまでたどり着くには5年かかりましたが、回り道したかいありました!!

新規就農者の私たちにとっては理想の立地なんです。家はボロボロでしたが内装も壁塗ったりして、なかなか快適だし、薪ストーブも薪風呂も最高なんですよ!なによりも、今まで子供がいて畑まで車だとかあちゃんは行けないので、父ちゃんまかせだし、少し空いた時間があっても畑が遠くて・・・。ハーブにも手が回らず、消えていくこともしばしば。この距離なら昼寝の間にちょこっと手入れできたり、洗濯物干している時に、苗見に行けたりとすごく便利なんです。

そんなに田舎で大丈夫なの?と言われたり、「よく住めるね」なんて言われたりもしますが、土がある生活って、考えてみたら何でも作れるなって思いませんか?野菜だけでなく、最近始めた染料になる植物も、綿花も育てたら布まで作れます。(さすがに糸紡ぎまではしませんが)土があればある程度なんでも作れる。これって、けっこうすごいことなんじゃないかと思います。ちょって空いたところで、ハーブ作って、その気分でハーブティー作って、こっちには染物用の植物、こっちには野菜みたいに。身の回りの物を一から作れるってなかなか楽しいですよ!
まぁ大変なことも多いですが(笑)

(2016.3.20)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 大分県由布市