今年も春飛魚のくさや製造が始まった!

in ご当地ばなし/なかま・訪問客/ピックアップ/家族/日々の仕事/東京/農村漁村暮らし/野菜・くだもの・魚介図鑑/関東
この記事の書き手
漁師 東京都八丈町

今年も春飛魚の製造が始まりました。昨年より18日ほど早い製造となりました。

長田 隆弘さんの写真

先週末より3隻で漁が始まり一気に水揚げが増えてきましたね。

朝一番、港に行き
「どれくらい獲れた?」
「8000?7500かな?」
今日が一番漁でした。(^O^)

長田 隆弘さんの写真

同じ地域に引っ越してきたSくん。
「お~い。」
船から飛魚を上げる手が足りなくて、お手伝いみたいに私を呼びます。(苦笑)

大きな飛魚を丁寧に選んで頂き、いつもより一時間ほど遅く入荷。真っ白なお腹を見ると、鮮度が良いことを認識できますね。時間が経つと飛魚のお腹は赤黒い線が延びていきます。

長田 隆弘さんの写真

更に今日の特大は、なんと全長48cm。私が一番鱗取りをしなかったので、もっと大きな飛魚があったかも知れません。

長田 隆弘さんの写真

ようやくくさや液につけ終わり、あとは明朝干し作業。できたて発送は明後日11日になります。できあがり次第続けて製造したいのですが、今晩から時化になりそう。脂ののった今の時期が一番美味しいのですが・・・

ちなみに息子は期末試験。娘は就活のため帰省せず。両親は「ボケはじめた!」

「(飛魚を開く)手が遅くなった・・・」と。わが家の近い将来が心配です。(笑)

12813958_940485856032964_5892743072931923820_n
(2016.3.9)

➤この農家・漁師のプロフィールを見る
漁師 東京都八丈町