【編集部特別取材】ほんものの暮らしの中で。~アメリカの木こりに聞いてみた~

in 「論」をよむ/スローライフ/ピックアップ/生産の哲学/編集部から/農村漁村暮らし/風景
この記事の書き手

【ほんものの暮らしって何だろう

土地の90%が木に覆われたアメリカ東北部のメイン州。

そこで林業を営むGregさんは、自身の農園を持ち野菜を育て、秋から冬にかけて狩猟をし、自給自足に基づく古来の生活を継承しています。

ホンモノに囲まれた生活を送るGregさんから、「質の高い暮らしとは何だろう」、そんな疑問のヒントになるようなお話を、米留学中の編集部松本がうかがってきました。

12788108_839616129480159_2034647561_n

▲狩猟中のGregさん


▲アメリカ・メイン州(参照:Google maps)


12804548_840887446019694_1328649465_n

今日はよろしくお願いいたします。編集部の松本です。

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

こんにちは、Greg Fosterです。よろしくお願いします。

12607023_821004131341359_744704515_n

Greg Foster (59) アメリカ、メイン州在住 職業:森林管理人

「木こりってどんな仕事?」

12804548_840887446019694_1328649465_n

 

 

 

 

まず、お仕事の林業について詳しく教えてください。

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

私は森林所有者のために木の管理をしています。メイン州には自分の森を持っている人が多いので、その人たちのために木を切ったり、十分生育した木があれば出荷のために目録に記入したり、切らなきゃいけない木にはしるしをつけたりしているよ。

12648085_821012921340480_1872212325_n

12804548_840887446019694_1328649465_n

 

 

 

 

なるほど、多くの方が森林を所有しているんですね。家の前の林もグレッグさんが所有しているものなんですか?

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

そうだよ、これは700エーカーあるよ(東京ドーム約60個分)。持っている森林の大きさは人によるけど、人によっては10エーカーだったり、何千エーカーだったり。

12804548_840887446019694_1328649465_n

 

 

 

 

す、すごい…。その木はどうしているんですか?

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

この家は暖炉で家を温めているんだけど、その薪木に使ったり新しく小屋を建てるときに使ったりしているよ。

12583628_821012948007144_2025602221_n

「ここにはすべてがそろっている」

12804548_840887446019694_1328649465_n

 

 

 

 

林業で生活を営んで、娘さんと奥さんと3人で暮らす今の生活は、質の高い暮らしだと思いますか?

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

うーん、分からないけど。林業はほかの仕事と比べてそんなにたくさんお金を稼げる仕事じゃない。それにメイン州は寒いところだから、この生活が向かなくて都会に移り住む人も結構いるんだ。それに、ここの生活が合わない人を無理に留めておこうと思う人も少ないから、ここが好きな人だけがここに残っていると思う。そういう風に生活のスタイルが同じ人が周りにいる環境には満足しているよ。

 

12804548_840887446019694_1328649465_n

 

 

 

 

生活の質は何によって決まると思いますか?

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

そうだね~、僕が思うに自分のやりたいことをやりたいときにやれているかどうか、かな。自分のスケジュールは自分で決められるし、確認しなきゃいけない上司はいないし。明日だって僕がやりたいって理由だけでクリスマスツリーを探しに行くでしょ?(笑)

この仕事は自分自身が自分のボスだから、自分のやりたいことをやりたいときにできる。いろんな人に会ったり、違う州に行くことも多いからそれは旅行みたいなものだし、いろんなことが出来てルーティン作業にならないのもこの仕事で気に入っているところだね。

12804548_840887446019694_1328649465_n

 

 

 

 

なるほどなぁ。メイン州は都会に出て行く人が多いというお話がありましたが、日本は都会に出た人が田舎に帰るIターンやUターンが最近注目されているんです。それについてはどう思いますか?

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

僕はここの暮らしが好きだから田舎に帰りたいと思う人の気持ちがよくわかるよ。僕も林業を学ぶために都会の大学に通ったんだけど、都会って色んなことがせわしなく動いているでしょう?そのせいで皆、神経をすり減らして疲れ果ててしまったんだと思う。

生まれ育った土地の空気ってその人の基礎を作っていると思うから、特に幼少期を過ごした場所が恋しくなって帰ってくる人の気持ちはとても理解できるよ。田舎って何もないという人がいるけど、僕はむしろ自分の周りにすべてがそろっているように思うんだ。

水も野菜も魚も、ここは昔の生活を踏襲しているから先祖に対する尊敬の念も、自分に帰るための時間も、家族も友達もすぐそばにいる。

都会みたいに有り余るほどモノに囲まれてはいないけど、ここには“ホンモノ”の顔をした“ニセモノ”がいない。それが田舎のいいところだよね。

12467964_821481847960254_258602844_n

12804548_840887446019694_1328649465_n

 

 

 

 

本物のような偽物がないって、ここの暮らしにぴったりな表現だと思います。最後に仕事に関する目標があれば教えてください。

 

12834711_840887426019696_860768087_n

 

 

 

 

僕ももう59歳だから、この仕事をどう完結させるかということを最近よく考えるんだ。

自分のやってきたことに満足して、きこりという仕事を終わらせることが今は目標だな。

だから10年とか15年前に取り掛かり始めた仕事の仕上げをしているよ。

37年間森に身を置いてきたからね、そこでの経験をもとに、自分の仕事を最高の形で完結させて、次の世代につながるような小さな木々を育てていきたいなと思っているよ。

(2015.12.18)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る