ジビエ料理~シカ~

in スローライフ/よめの日常/レシピ/九州/大分/農村漁村暮らし/食べる
この記事の書き手
農家 大分県由布市

野菜が少なくなるこの季節、お財布の中身も乏しくなるのでなるべく買い物は控えめなこの時期。
節約料理?いや、ぜんぜん節約という名は当てはまらないこのぜいたく感!

今日はいただいたシカ肉です。なんていったってボリュームもあるし、この味!!美味しいです!!
いいお店でジビエ料理なんていったら値が張るものもありますが、うちでも美味しくできました!

私、ジビエは苦手なんです。でもおいしいと思えるのでかなりいい肉だったのではないでしょうか?
アドバイス通り香草たっぷり入れてハンバーグにしてみました。うちの畑の乾燥ハーブを多めに入れましたが、もっと入れてもよさそうな感じでした。フードプロセッサーが壊れそうなので、粗めのミンチにしてハーブと塩、コショウで焼きました。上には原っぱさんでいただいたおすそわけチーズがのってます。ミンチにしても固さはありましたが、噛みごたえがあって、噛んでも臭みがほとんどなかったので美味しかったです。

もう1品。お肉を切っている時にそのまま焼いてもおいしそうな部分ぽかったので、こちらもハーブをたっぷりのせて、マヨネーズとパン粉を合わせたものを肉の上に塗って焼きました。ついでにうちのキャベツも一緒に焼いてます。思った通り、こちらのお肉は柔らかく、キャベツも美味しかったです。

なかなかシカ肉は手に入らないとは思いますが、もし手に入ったらこんな料理もいいですよ~!

イノシシもそうですが、ジビエって癖があるので苦手な人も多いとおもます。私もそのうちの一人です。頂いたのはありがたいことに美味しいお肉ばかりですが、外で食べるとそうじゃないことの方が多いです。そして、いただいて食べる状態にするまで結構大変。なんていったってスーパーとは違って肉の塊でいただきますからね!足つきのモモ肉もらったりしたこともありました。また、肉が赤々してて結構見た目もね・・・。

猟師さんや肉を捌く人はもっと大変だと思います。でも、ちゃんと料理するとおいしい!いつもいただいて思うのは、処理の状態が重要なんだろうなーと思うことと、個体差なんだろうなと。畑の獣被害や猟師さんが獲ったイノシシやシカをもっと食べてもらおうと宣伝されていたりしますが、美味しい状態で届けるのって難しいのではなかろうかと。せっかくなら美味しいジビエを広げてもらいたいですね。美味しいジビエが食べれるのも田舎の特権かもしれません。

さてさて、野菜が少ない時期とはいえ今年はなんだかんだ食べれる野菜が多いです。
自家用に保存しておいたものですが、じゃがいも、ビーツ、ニンジン、ほうれん草、ケール、大根、そして出荷しているキャベツやブロッコリー。この時期にこれだけ野菜があるのはうちでは初めてかもしれません。この時期に食べれる野菜が多いのはうれしいです。暦の上では春が来て、種蒔きも始まり、いよいよ始まる感じで日々過ごしています。

(2016.2.20)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 大分県由布市