150mのコンクリ打ち。これも農家の仕事

in なかま・訪問客/九州/日々の仕事/編集長ピックアップ/農家の仕事/鹿児島
この記事の書き手
農家 鹿児島県南さつま市

みなさんは、農家の仕事というとどんなイメージがありますか?

トラクターに乗ったり、剪定や植え付けといった作業を思い浮かべる方が多いと思いますが、農業をやっていると本当にいろいろな仕事を経験できます。

というわけで、今日は道路にコンクリートを打つ共同作業でした!

なんで道路にコンクリートを打つのかというと、田んぼの中を通っている里道をより通りやすくするためにやるんです。舗装したら草も生えてこないですしね。

道路舗装

ユンボ(パワーショベル)で少し掘って、そこに砂利を敷き、生コンを流し込みます。流し込んだら平らに均し、エイヤエイヤと押し込んで表面の凹凸をなくします。この作業がなんとも疲れるんですよねー。ちなみに端っこはコテでキレイにします。

男6人で作業して、今日一日で、約150mの舗装ができました! 最初の方はかなり時間がかかりましたが、午後はだいぶ慣れてきてスピードアップして、なんとか終わった感じです。私もコンクリートを打つのは2回目なのでかなり感覚が摑めてきました。

それにしても今日は12月28日。普通の会社は仕事納めというところが多いでしょうね。でも農家に仕事納めはありませんので、まだまだ作業は続きます。

(2015.12.28)


➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 鹿児島県南さつま市