農家にとって嬉しい一言

in なかま・訪問客/中部/愛知/農家漁師あるある/農村漁村暮らし/食べる
この記事の書き手
農家 愛知県新城市

 

昨日はFM豊橋のパーソナリティーのモエモエが家族で記念日のお祝いでうちを使ってくれましたface02

モエモエのブログ:エフエム豊橋☆モエモエだそん

小学生のお子さんがいるということでなるべく食べやすいもので予算内でコースを用意させてもらいました。
食べっぷりが良くて出す料理を出す料理、すぐに空にしてくれて、
スタッフと一緒に「ヤバイ、急げ!」といって一生懸命料理を作っていたんですが、
その中でとても嬉しい言葉をいただきました。

特に、普段まっ…たく
ほんとにまっ…たく野菜を食べない、よけて食べる次男が
野菜を進んで手を出す
これにはびっくり((((;゚Д゚)))))))
奪うように食べてました
はちどり、からの〜鳳来館
凄い、優しい味で幸せな気持ちになれました

【モエモエのfacebookより引用】

僕にとって「野菜嫌いなこどもがうちの野菜なら食べれる」と言ってもらえるのが一番嬉しいです。

多分ほとんどの農家が「自分の野菜(農産物)が一番うまい」と思って作っていると思います。
自分で作っているのであまり他所の人が作った野菜を食べないというのも理由としてあるんですけど、
やっぱりそれは自己評価の域にあってキチンとした評価ではないんですね。
大人の人から美味しいって言ってもらえるのもモチロン嬉しいんですが、
こどもの方が味覚が敏感で正直なので一層嬉しく思うわけです。

昨晩はモエモエの特別な日ということで、
スタッフと色々とアイデアを出しながらどうやったら喜んでもらえるだろうかと考えました。
それで結果として喜んでもらって笑顔で送り出すことができました。
特別な日を、特別な思い出として心に残るようなサービスを今後もしていきたいと思っています。

大層な建物を使ってはおりますが、中身は個人店あり小回りが利きます。
お客様にはドンドン色んな要求をしていただけたらと思います。
サプライズなんかも大好きですのでkaeru

気軽に相談してくださーいicon14
(2016.01.25)

➤この農家・漁師のプロフィールを見る
農家 愛知県新城市